スポンサーリンク

知らない人がくれたパンを食べるか否か。

先日子供二人を連れてスーパーに向かい歩いていると、自転車に乗ったおばあちゃんに声をかけられました。

身なりの綺麗な70代くらいの方で、ボク何才?かわいいね。と少しおしゃべりし、自転車で颯爽と去っていかれました。

私たちはその足でスーパーに行き、その帰り道、またそのご婦人に会いました。

あら、さっきのボク!と気付いていただいたのですが

「たくさん歩いて偉いボクに、これあげる!」とパン屋さんのあんぱんをくれたのです。

そのパンは焼きたてでまだ湯気が出ていて、そのご婦人曰く10時と15時に焼きあがるのを並んでかってきたの!とのこと。

一度はお断りしたのですが、いいからもらって!と手渡され、走り去られました。

パン大好きな長男はすぐに食べたがり、すぐそばにあったベンチに腰掛け食べさそうとしたのですが

ふと思ったのです。

「…このパン大丈夫か?」


知らない人にもらった食べ物って少し怖いですよね?

私は関西に住んでいるのですが、子供と一緒にいると、よくおばちゃんから飴ちゃんをもらいます。

飴に留まらず、みかんとか、ラムネとか、おまんじゅうとか

嘘みたいだけど、これがなかなかの頻度でもらう(笑)

まだうちでは子供に飴を食べさせていないのもあり、いただいても後で食べようね。と言ってそっとごめんなさいすることが多いです。

やっぱりいつ買ったものかわからないし、食べ物は少し怖くて。

なのでこのパンもさてどうしようか、と思ったのですが

まだ焼きたてだったこと、ご婦人の身なりが綺麗だったことから、ありがたくいただくことにしました。

後日友人とこと話しをすると賛否両論。

捨てるという人から、食べるという人。くれた人による、という人や、密閉されているものなら食べるという人も。

確かに住所不定みたいなおじさんがくれたものだったら、密閉されていようが、目の前で買ったものだろうが食べたくないわな。

その友人の中の一人が家庭菜園をしているのだけど、毎日家の前を通る下校途中の小学生とお喋りするようになり、ミニトマトを採らせてあげて家に持ち帰らせたら

その家の保護者が家にやってきて勝手なことをするな!と怒られたという話を聞いた。

全く世知辛い世の中になったものだ。

今回のあんぱんはイレギュラーだったけど、今は一般的には知らない人からもらったものは食べないのが常識かな。

しかしあのパン、あんこがぎっしりで焼きたてふわふわで美味しかったなー!

どこのパンなのか聞いておけばよかった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告