スポンサーリンク

一人って素晴らしい!子供を保育園に入れて感じること

お盆休みも終わり、また日常が始まろうとしています。

こどもを保育園に連れてって、スーパー行って、テレビつけて、お昼にはラーメンでも食べて、ネットサーフィンして、夕飯作って、子供を迎えに行く。

なんだか涼しくなってきたからふらっとお散歩したり、たまにはカフェランチもいいなぁ♡

なんて平和なんだ♡

ってそうじゃない!!やばーい!!!!

そろそろ仕事決めないと本気でやばいのではないかと、お盆が開けてやっと焦り始めた。

通帳と電卓とにらめっこして、このままではあと数ヶ月で我が家は破滅してしまうと改めて思う。

いや、気づいていたのに、気づかないフリしてただけなんだけども。

でも一人の時間が持てるようになって、改めて一人の身軽さに驚いている。

というわけで(どういうわけだ)子供を預けることによって感じたことや心境を書いてみる。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

①時間に余裕が有り余る

移動一つにしても、自分ひとりだったらエレベーターを探す必要がなく、エスカレーターでも階段でもオッケー。

人一人しか通らないような細道裏道だってスイスイいけてしまう。

ベビーカーがない身軽さ、抱っこ紐がない肩の軽さが嬉しい。

もう歩くの嫌だ。とか、蝉が見たいんだー!!とストライキを起こしたり発狂しだす長男をなだめる必要もなく

電車移動で息子が飽きないようにどうしようかと頭を悩ませる必要もなし!

準備物が少ないので、自分の身支度だけでぱばっと外に出られるし、バッグが軽い。

ひとりってこんなに身軽だったのか。

最初はなんだか慣れなかったひとり行動も、最近は楽しくって仕方ない。

②とにかく子供が可愛い

朝から、「今日ぼく保育園頑張るな‥」と上目遣いで伝えてくる長男。

うんうん!ママ仕事やからごめんなぁ、一緒に頑張ろうなぁ!とぎゅうっと抱きしめる。

ママ全然仕事ちゃうし、履歴書書きつつ家帰ってきて録画したバラエティみたりしてるんですけど←

そんな健気なことを言ってくる息子に少し複雑な思い。

そして一番可愛いのはお迎えの時。

ドアを開けた瞬間、ママーーー!!!!と飛び込んできてくれるあの瞬間TT

次男は先生に抱っこされてくるのですが、私をみたらニコーッ♡と笑って手を伸ばしてくるTT

なんなのこの天使たち。

この笑顔を守るためにも、ママ仕事頑張ろうと思う。(さっさと仕事探せ)

③スマホを触らなくなった

24時間子供といた時は、振り返ると結構スマホ触ってたなと。

二人がテレビを一生懸命見ている間や、ラインのラリーが続いてる時はちょっと待ってて〜なんて時もありました。

でも保育園に行き始めてからは家で一緒に過ごす時間が少ないから極力スマホは見なくなりました。

自然とおしゃべりする時間が増えたし、短くても濃い時間を過ごそうと努力しています。


仕事は早く決めないといけないのだけど、思いがけずこうやって一人の時間をもらえることになって

本当にありがたいなぁと感じてきます。

ひとり時間はもちろん楽しく幸せなのですが常に考えるのは子供のこと。

ひとりで歩いていても「トンボがたくさんいるなぁ、帰りに長男に見せてあげよう」とか

ランチしていても「このカフェだったら子連れでもこれそうだから連れてきてあげよう。」とか

ふとした時に、今何してるのかな?と一日に何度も考えます。

子供たちは大したもんで、すっかり保育園を楽しんでいて、全く取れる気配のなかったオムツも保育園ではしっかりトイレできているらしい。

先生って、保育園って本当にすごい。

母も頑張らねば。はやく口だけお化けは卒業したい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする